広告とは何かを考える。

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

ライフスタイル

広告の意味として、一般的に言われているのは次の通りです。

  1. 人々に関心を持たせ,購入させるために,有料の媒体を用いて商品の宣伝をすること。また,そのための文書類や記事。 「新製品を雑誌に-する」 「新聞に-を出す」 「新聞-」

  2. 広く世の中に知らせること。 「新聞紙にして…天下に-する/明六雑誌 20」 「その為に一言-します/侏儒の言葉 竜之介」 〔 (1) advertisement の訳語。 (2) 類義の語に「公告」がある。広く世間に告げ知らせるという点では,共通であるが,「公告」が公的な性格を持つ内容を告知することをいうのに対し,「広告」は私的な内容のものを知らせることをいう〕

– 三省堂 大辞林より引用

アメリカマーケティング協会(AMA)の定義によれば、広告とは「メッセージの中で識別可能な営利企業や営利組織または個人が、特定のオーディエンスに対して、製品、サービス、団体またはアイデアについて、伝達または説得をするために、さまざまな媒体を通して行う、有料の非個人的コミュニケーション」である。広告の必要条件として、広告主が明示されていること、ターゲットが認識されていること、メディアが有料で広告主が管理可能なこと、などが挙げられる。広告という言葉には、広告物を届ける広告活動と、広告活動の成果としての広告物・広告表現の両方の意味がある。

– 広告用語辞典より引用

簡単にまとめるとこんな感じかな。

  1. 広告主が居る
  2. 私的なもの
  3. 有料である
  4. ターゲットが居る
  5. 媒体を使う
  6. サービスや商品を宣伝するもの

広告をすることで人々に関心を持たせて、
より多くの人にサービスや商品を知ってもらい買ってもらうこと。

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。