• ホーム
  • 広告業界の概要と今後について

広告業界の概要と今後について

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

ライフスタイル

◎広告業界の規模(平成24-25年版)

業界規模:3兆8,582億円
経常利益計:1,234億円
売上高純利益率:+1.8%
過去5年の伸び率:+0.1%
総資産額:3兆2,250億円
労働者数:15,074人
平均年齢:34.6歳
平均勤続年数:6.6年
平均年収:575万円

◎広告業界の分野

広告会社
インターネット広告会社
総合広告制作会社
CM・映像制作会社
グラフィック制作会社
Web制作会社
マーケティング・リサーチ会社
PR会社
SP・イベント会社
屋外・ディスプレイ会社

◎メディアの種類

インターネット
テレビ
ラジオ
新聞
雑誌
◎主な企業
電通
博報堂
◎今後の動向
インターネット広告とセールスプロモーションが注目され
モバイルとの連携も見られはじめている。

参考サイト:
マスナビ2016プレサイト
業界サーチ


僕の場合は、広告業界のWeb制作会社の中の…個人事業という位置にいるということ。
そして、広告業界といってもそれぞれの分野で専門があるということを再認識させられました。

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。