• ホーム
  • ウェブサイトの独自SSL化でユーザーにとって安全なサイトに

ウェブサイトの独自SSL化でユーザーにとって安全なサイトに

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

WEB制作

via: HTTPでフォーム送信するサイトにGoogleが警告を一斉送信、Chrome62から実装するセキュリティ警告に備えてHTTPS移行を促す

Chromeの次のバージョンでは、テキストフォームを入力するページでも「保護されていない通信」というメッセージを表示するようですね。Firefoxではパスワードを入力する項目では、「この接続は安全ではありません。ここに入力したログイン情報は漏えいする可能性があります。」とすでに警告メッセージがでています。

独自SSLが無料というサーバーも多くなってきました。ロリポップサーバーでも無料の独自SSLが使えますし、ヘテムルサーバーも10月より無料の独自SSLに対応予定です。

SSL導入の際に気をつけなければならないのは、https と httpアドレスの混在です。外部からプログラムを読み込んでいる場合、特に注意が必要です。https と httpアドレスが混在しているとページに接続できなくなりますので、アドレスをすべてhttpsに変更します。WordPressの場合はhtmlファイルだけでなくデータベースの書き換えも必要になってきますので要注意です。

10月にくるChromeのアップデートを前に、今のうちにSSL対応をしておきましょう〜!

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。