• ホーム
  • 回転率を上げるための店舗づくりのアイデア

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

アイデア・ネタ

久しぶりに入ったマクドナルド。
回転率を上げるための店舗づくりとは?で観察してみました

・朝マック マフィンとドリンク付きで200円は安い。
・一人席と二人席はフロアわけする。ひとりのお客さんが多い。
・一人席はカウンターにする。友だち同士なら横並びでも良い。問題ない。ファミリー向きではない。
・テーブルに椅子が一脚にする。
・テーブルとイスは固定する。
・テーブルとテーブルの間隔は狭くする。
・テーブル小さく。
・イスは背もたれなし。
・フリーwifiなし。
・天井の高さは低くする。
・ユーザーが商品を選ぶ際に迷わせないように、イチオシメニューを大きく表示する。
・メニューは三つまで、大きく表示。
・注文時の混雑を避けるためにレシートに待ち受け番号記載。
・注文カウンターと受取カウンターを別にする。
・陶器やガラスのコップ、皿は使わない。すぐに捨てられる紙やプラスチックの容器を使う。
・自分で持ち運べるようにトレイを使わせる。
・テーブルの後片付けはお客にさせる。
・BGM 洋楽 POP
・朝 マフィンは、バーガーより小さめ。丁度よい大きさ。
・照明は明るい。白っぽい。
・スッキリデザイン。テーブル、クリーム色。木目調。イスは、白とネイビー。ソファー席は茶色のソファー。

このマクドナルドは立地的にファミリー層というより
中学〜高校の学生をターゲットにしており
店舗への滞在率というよりは回転率を重視しているように思いました。

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。