• ホーム
  • SEOは人の役に立つコンテンツを作ること

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

WEB制作

訪問者数の傾向を見れば良質なコンテンツかどうかがわかる

このサイトは1年間ほぼ毎日記事を更新し続けている。

それにも関わらず検索流入数は全く伸びていない。
理由は簡単で、このサイトのコンテンツは、
ただ記事を更新することだけが目的になっていて、
全く中身のない記事ばかりになっているからだ。

つまり、質の低いコンテンツをいくら作り続けてもSEOは全く伸びないのだ。

———-

良質なコンテンツを更新し続けると、
Googleのアップデートに一切左右されることなく、
SEOは右肩上がりでグングン伸びていく。

コンテンツSEOの効果と7つの手順 – バズ部

この比較は面白かった。というかドキッとしました^^;
興味のある方は、是非リンク先をチェックしてほしいと思います。

ただ単にコンテンツを更新しているだけのサイトと
良質なコンテンツを作り続けているサイトを比較してみると
グラフの伸びに明らかな違いがあるというのがわかります。

発信している情報が、
人の役に立つ内容だから多くの人に受け入れられる。
その結果、訪問者数が上がっていく。

当たり前の事なんだけど・・・

その人の役に立つコンテンツを
どのようにして作るのかというのが
根気がいるし大変な作業になります。

seo-img1

ハイ。では、ウチのブログはどうなの??
と思って調べてみましたw
ご覧の通り山あり谷ありジグザグだけど
徐々にアクセスが上がってきている傾向が
見られましたので、ひとまずヨシとしますw(ホッ)

まとめ

訪問者数の傾向をみれば、
良質なコンテンツかどうかがわかる
ということを書いたけれど、これ以外にも、
訪問数は少ないけれどリピートユーザーが何度も見てくれているページや、
訪問数は少ないけれど滞在時間が○○分以上など
そういう切り口で見る事を忘れないようにしたいと思いました。

というわけで、
明日も頑張りま〜す^^/

こちらもどうぞ
ウェブサイト制作前の必ずやっておきたいこと

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。