WEBサイト制作の依頼はこちら

言葉を交換する、話題を共有すること自体に大きな意味がある

日和や季節についての会話や、女子高生同士のサイダーのような会話も、しばしば「内容のない会話」の例として槍玉に挙げられる。しかし、交わされる言葉の内容そのものにはあまり意味が無くても、言葉を交換しあい、話題をシェアっているということ自体に、大きな意味がある。
via: 「飲み会は”情報戦”」という理解

ビジネスシーンにおいては有益な会話が良い会話のようにいわれますが、そもそもコミュニケーションがなければ発展もないわけですから。その場にいる、話題をシェアする、何気ない会話を交わすことの積み重ねって、とても大切なことだと思います。

こんなゆるい記事もどうぞw
こ、これがパンの耳だと!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です