WEBサイト制作の依頼はこちら

ダメッって言わないように伝え方を工夫する

tsutaekata

子どもがハイハイできるようになって、
あちらこちら動き回ったり、
いろんなものを口に入れようとすると
「あっ、それ食べちゃダメ。」とか、
「 そっち危ないから行っちゃダメ。」とか
僕も妻も「ダメ」や「No」っていう言葉を
よく使っていることに気がつきました^^;

子どもは悪気があってやっているわけではなくて、
楽しくってしょうがなくて探検しているわけだから
これからはダメという言葉をいうのをやめようと思います。
それに自分で言っててもいい気持ちになるもんじゃないしね。

ダメというかわりに、
口にしそうなものは口に入れてもいいように綺麗に拭いてあげたり、
危ないところへはガードを作って行けないようにしたり、
オムツ換えのとき動いて欲しくないときは
興味を引くようなことをして注意をそらしたりしようと思います^^

子どもがのびのびと過ごせるように工夫しないとなぁ!

というわけで、
明日も頑張りま〜す^^/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です