• ホーム
  • 横浜好きならハマスタへGO!

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

マーケティング


画像:横浜スタジアム公式サイトより

重要なポイントとして掲げている最後の3つ目が「共通の価値観を育む」という点です。共通の価値観を育むことで、ベイスターズとファン、またはファン同志の”共同体感覚”を築くということですね。

ベイスターズとファンにおける共通の価値観とは何か?

それは、『横浜が好き』ということと、『横浜の街を盛り上げたい』ということです。

選手のビジターユニフォームには親会社である”DeNA”のロゴが入ってないんですよ。「YOKOHAMA」だけなんです!これスゴくないですか!?ユニフォームって、広告スペース価値としては一丁目一番地なんです。そこからあえてロゴを外し、「横浜のチーム」であることをファンに示し、横浜を背負って敵地で戦っているわけです。

その横浜で暮らす人たちの中に眠る“横浜愛”を目覚めさせ、横浜愛を共に叫ぶことで、ファンの間に横浜の街や、ベイスターズという球団に対する愛着と帰属意識を深める。まさに、共通の価値観である”横浜愛”を軸に、共同体感覚が醸成されているといっていいでしょう。

引用 – マーケターは書を捨てハマスタへ出よ!横浜DeNAベイスターズの「超集客術」とは?

これは素晴らしいマーケティングの事例ですね!
「横浜愛」という共通基盤を軸にベイスターズとファン層だけでなく一般層までも結びつけています。
野球だけを盛り上げるのではなくて、横浜(地域も一緒)を盛り上げる。
ファンとファンじゃない人たちも、共通の価値観を軸にみんなで一緒に楽しむ。
うまい取り組みだと思います。

これは横浜DeNAベイスターズファンじゃなくてもハマスタへ行ってみたくなりますね!
ここまで詳しく分析・解説されているととても勉強になりました。
ありがとうございました〜!^ ^

ブランドはつくるものではなく、できあがるもの
作為のあるところに共感はなし

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。
Akiyoshi Takashima

最新記事 by Akiyoshi Takashima (全て見る)