• ホーム
  • どんなふうにウェブサイトを作って行ったらいいか?ウェブサイト企画や運用の相談でやっていること

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

WEB制作

今日はありがたいことに、ウェブサイトの企画や運用について2件のご相談をいただきました。
ご相談いただいたことは、どんなふうにウェブサイトを作って行ったらいいか?集客経路はどうしたらいいか?ライバルが多いのでどうやって差別化できるか?といった内容です。

相談では、今後の課題と方針がみえてくること、次にやるべきことが明確になることをゴールにしています。相談してよかった。だけでなく、次に繋げてもらうために、今後の方針を確認し何をするのかを決めることを大切にしています。相談は2時間ほど。初回では以下のことをヒアリングします。

・目的(この活動は社会にどのように貢献するのか、何を解決するのか)
・売上目標(もしくは受注件数)
・ターゲット(だれに)
・提供サービス(何を提供するのか)
・強み / 価値(お客様は、どういうところを評価してくれているのか)

そしてこれらを踏まえた上で、課題の解決のためには何をするのか。目標を達成するためにはどういう行動をするのかを書き出し「やることリスト」を作成します。

ウェブサイトを継続的に改善し結果をだすためには、事業本来の目的を確認し、自社の強みや他社との違い、顧客の特長、業界の動向、を知った上で企画をすることが大切なことなのです。ウェブサイト企画や運用の相談でやっていることは、あなたの事業の目的、ターゲット、強み・価値をお聞きします。事業の方針やターゲット、自社の強み・価値を把握した上でオンライン・オフラインを含めた施策を一緒になって考えていきます。

IMAGEWAVEでは、ウェブサイトの改善や運用などのご相談を随時受け付けています。はじめてのご相談では「目的、ターゲット、強み・価値、競合」をお聞きします。相談には目標を設けており「今後の課題と方針がみえてくること、次にやるべきことが明確になること」を相談の中で決定するようにしています。相談内容がぼんやりしていても構いません。少しずつ明確にしていきます。ウェブサイトを改善したい、効果的に運用していきたいとお考えでしたら、まずはご相談ください。

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。
Akiyoshi Takashima

最新記事 by Akiyoshi Takashima (全て見る)