• ホーム
  • お問い合わせや資料請求後のフォローのタイミングは?

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

WEB制作

お問い合わせや資料請求後に制約につなげるためのフォローのタイミングって難しいと思います。

「どうですか?ご検討いただけましたか?」と、あまり連絡をしすぎるとかえって逆効果ですし、時間を置きすぎると機を逃してしまいます。そういう時に参考にしたいのが、お問い合わせをしてくれたユーザーの再訪問間隔のデータです。

ウェブサイトからお問い合わせや資料請求(コンバージョン)をしてくれたユーザーの再訪問の間隔を分析して、適切なタイミングでフォローを行うことで成約につなげていきます。

こちらのサイト(教育関係)の場合、再訪問の間隔が(1)同日中、2日目、(2)1週間〜2週間、3週間〜1ヶ月が多くなっています。2回目の訪問時に資料請求(コンバージョン)を完了するユーザーがほとんどでした。このことから、ユーザーは、初日に再訪問して資料請求を請求。その後、1週間〜2週間、1ヶ月後にサイトを訪れているということが考えられます。

ユーザーは、1週間〜2週間、1ヶ月のタイミングで、他校と比較検討をしていたり、意思決定をするタイミングとも考えられます。対策としては、資料請求をしたユーザーに対して、1週間後、2週間後、1ヶ月後にフォローの連絡を入れる。

たとえば、無料学習体験案内、割引キャンペーン、オープンキャンパス、学祭への招待、学食を食べにきませんか?などの案内入れることで成約に繋がりやすくなるかもしれません。

教育関係の場合、いかに来校してもらうかということが大切かと思いますので、ユーザーが気軽に何度も来校してもらえるような施策をすると良いですね。

こちらもどうぞ
Googleアナリティクスのユーザーサマリーの見方と活用方法

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。
Akiyoshi Takashima

最新記事 by Akiyoshi Takashima (全て見る)