WEBサイト制作の依頼はこちら

感謝と責任

先祖が残してくれた恩恵とは何かと問われたならば、現在、自分自身が受けている恩恵こそがそれである。それは、積み重ねることがむずかしいということを覚えておくべきである。
via: 「九十五条」菜根譚 – 講談社学術文庫

今の自分が生きていること自体が先祖が残してくれた恩恵そのもの。

自分のご先祖もそうだけど、我が国を築き上げてきた人びとが居るからこそ、今の自分がいるということ常々を忘れないようにしたい。

先祖に感謝をして先祖が大切にしてきたものを少しでも次に託していけるように、今やるべきことを果たしていきます。

菜根譚の引用はこちらにもあります
あきらめない心を育む

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です