• ホーム
  • reCAPTCHAを使ってフォームからのスパム投稿を防ぐWordPress編(前編)

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

WEB制作

ウェブサイトを立ち上げると必ずといっていいほど入ってくる迷惑メール。1日に何件もお問い合わせフォームより入ってくる場合があります。うんざりしますよね。そのような状況を防ぐためにオススメなのがGoogleが提供しているreCAPTCHAです。reCAPTCHAは不正なアクセスからウェブサイトを守る無料のサービスです。

reCAPTCHA: Easy on Humans, Hard on Bots – Google
https://www.google.com/recaptcha/intro/v3.html

最近リリースされたreCAPTCHA v3は、サイトに貼り付けるだけで不正なアクセスをほぼ防いでくれます。reCAPTCHA v2では、表示された画像の中から信号や車を選んだりしていましたが、v3ではそういう煩わしさがなくなり使い勝手が良くなりました。

WordPressを使われている場合、reCAPTCHA導入はとても簡単です。Contact Form 7というフォームを作成するプラグインを使用している場合、reCAPTCHAを設定する項目がありますので、そこで必要な情報を入力するだけで設置完了です。ですが、「サイトを保護しています」というバッヂが全ページで表示されます。お問い合わせフォームのみバッヂを表示させたいという場合、Contact Form 7の設定は使わずに「Invisible reCaptcha」というプラグインを使うと、お問い合わせフォームのある部分だけバッヂを表示させることが可能になります。

続きはこちら
reCAPTCHAを使ってフォームからのスパム投稿を防ぐWordPress編(後編)

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。
Akiyoshi Takashima

最新記事 by Akiyoshi Takashima (全て見る)