著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

ライフスタイル

先週の土曜日、勉強会へ行く途中、
大船鉾の山鉾を見にいきました。

祇園祭の後祭は、
2014年に50年ぶりに復活しました。
大船鉾は、神功皇后が新羅出兵から
凱旋帰国したときの様子を表しています。

宵山の前日ということもあり、
まだ、山鉾の組み立ての途中でしたが、
多くの人で賑わっていました。

「あれ、鶏鉾やで〜!」
「あれは鶏鉾ちゃうで!」
「いやいや、鶏鉾やって!」

そんな会話を大声でしながら
地元の子どもたちが楽しそうに
走り回ってました。

そんな様子をみていると
京都の夏だなぁって感じます。

そうそう。山鉾の中を見たい場合、
あまり人が混んでいない
お昼頃に行くのがオススメだそうです。
夕方頃にいくと長い行列ができていますからね。

まだ山鉾の中に入ってことはないのだけど、
来年は入ってみたいな^^

祇園祭2019「後祭」
宵山:2019年7月21日(日)~23日(火)
巡行:2019年7月24日(水)9:30~烏丸御池出発
祇園祭2019 山鉾(山鉾巡行)ガイド | 京都観光情報 KYOTOdesign