WEBサイト制作の依頼はこちら

ありのまま表現する

無意識のうちに体裁を整えようとしてしまいがちだけど、そのままの自分の声を書くようにする。

自分の声をそのまま書くためには、制限時間と書き直しをしない(1回見直しをする)というルールを設けるのは効果的。素早く文章を書くことで、思案する間はなく思ったことそのまま書かざるをえません。うーんと考えて書くより、自然な文章が書ける。品質にこだわって考えだすと、味付けしすぎた料理のように的を得ない変な味になってしまいますし、無駄に時間が過ぎてしまうので要注意。

ありのままの自分=今の実力なのだ。

4年前の記事:
春の足音

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です