WEBサイト制作の依頼はこちら

過去の業を受け止め、未来へと繋げていく

人は皆これから先のことを考えて、過去の経験を忘れてしまっている。殊に、過去が結局は将来の出発点であることがわかっていない。自分の分限を知り、現状に満足していることは、つまり過去を忘れないようにということにあるのだ。

言志晩録 193条

今の自分は、過去の自分が行ってきたことの積み重ねということを、ついつい忘れてしまいがち。というより、過去を意識することが少ないのではないでしょうか。今、目の前で起きていることの大半は自分の業の結果。それを直視しないで不平不満の矛先を外に向けるというのは筋違い。どんな結果であろうと目を背けず受け入れて次につなげていくことが大切だと思う。

「今なにをやるべきか」と自分の分限を知り、どう対処すればよいかを考え、積極的に取り組む。そこには「喜び」が生まれる。過去の業を受け止め、未来へと繋げていく。

1年前の記事:
「ほうれん草のかつおぶし和え」我が家の作り置き&弁当レシピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です