• ホーム
  • FileZillaで更新があったファイルだけ上書きアップロードする方法

FileZillaで更新があったファイルだけ上書きアップロードする方法

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

WEB制作

BiNDのサイトアップロードが遅くなってきたらFTPソフトに切り替えよう!
の記事の続きです。

BiNDのサイト制作で、ページが多くなったり写真を多く使っていると
サイトアップロードに時間がかかってしまう問題の解決策として
アップロードソフト(FTPクライアントソフト)を使いましょうと書きました。

ここでは、FileZillaの使い方を紹介します。

FileZillaのインストールの仕方がよくわからない方は、
公式サイトにインストール方法と使い方が載っているので
そちらをまずご参考ください ^^b

>>暗号化通信により安全にファイルを転送できるFTPS/SFTP/FTPクライアント「FileZilla」 の使い方(公式サイト)

次に更新があったファイルだけ上書きアップロードする方法をご紹介します。
(写真はMac版を使用しています^^;)

1.FileZillaの「Preference(設定)」を選びます。

filezilla01

2.設定画面が開いたら、左メニューの「転送」 > 「ファイル存在時の動作」を選びます。

filezilla02

3.アップロードダウンロードの選択メニューで「元のファイルが新しければファイルに上書き」を選びます。

filezilla03

4.OKを押せば上書き設定の完了です。

filezilla04

これでBiNDサイトで更新があったファイルのみをサーバーにアップロードしてくれるようになります。

【補足】
BiNDのサイトアップロードは、すべてのファイルをサーバーにあげるため、
ページが増えるだけそれに付随してデータ量もどんどん増えていきます。
1ページだけを更新したいと思っても、更新をしていない残りのページや画像データ等も
全部アップロードするので、毎回待たなければなりません。(BiND6.5時点)
今後、ソフトが改善されてアップロードの動作を設定できるように望みます^^;

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。