• ホーム
  • 見込み客を増やすためのコンバージョン設定

見込み客を増やすためのコンバージョン設定

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

WEB制作

見込み客を獲得するサイトの場合、コンバージョン設定はお問い合わせや資料請求だけとは限りません。ページの滞在時間、指定ページの閲覧、無料冊子のダウンロード、メルマガ登録などいろいろな測り方があります。

例えば、無料冊子を何件ダウンロードしたか、特定のページを見てもらえたか、ページ全体で五分以上は読んでもらえているのかなどの目標値を設定することで、お問い合わせに至るまでのプロセスを細かく設定できます。そうすることで、お問い合わせに至らなかった原因を突き止めやすくなり改善策も立てやすくなります。

Googleアナリティクスでコンバージョンを設定する際には、これらの指標も含めると、より詳細な検証と対策が可能になりますので、お問い合わせや資料請求以外の目標も設定することをおすすめします。

また、Googleアナリティクスにはアドバンスドセグメントという機能があります。これは無料冊子をダウンロードした人や、毎日リピートしている人は見込み客A。ページの滞在時間が五分以上かつ、特定ページの閲覧がある人は、見込み客B。というように見込み客の中でも切り分けが可能になりますのでとても重要です。

単純にページビュー数が増えていくのは、興味のある方が増えていくことなので良いことですが、その中でもどんな見込み客が見にきているのかを知り対策を立てることが大切ですね。

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。