• ホーム
  • Google Analyticsの(not provided)って何?どうしたらいいの?

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

WEB制作

not-provided-img

Google Analyticsの検索キーワードで
(not provided)って表示されているのを見て
あれ?これ何だろうって思われた方も多いのではないでしょうか。

 

not-provided-img0

この写真は僕のブログのもので数は少ないのですが、
お客さんのアクセスを見ていると、
not providedが約6,000件あったりと
検索キーワードの大部分を占めており
大変なことになっていました^^;

 

(not provided)とは

Googleが検索結果ページをhttps化したことで、僕達のサイトに飛んでくる情報(リファラ)が変わったんだね。具体的には、参照元としてGoogleからの訪問というのはわかるようにしてくれたんだけど、キーワード情報は含まれなくなったんだ。ユーザーのプライバシー保護の観点のようだよ。そういうわけで、もう僕たちには、キーワード情報はわからないんだ。
引用 – 「Googleアナリティクスで「(not provided)」が増えて困っています | 誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック | Web担当者Forum

え!Googleから検索して来た人が
どんなキーワードで検索してきたか
わからなくなったってこと!?

これは困った^^;
約6,000件もどんなキーワードで
来ているのかわからないと
設定したキーワードの検証や
潜在ニーズの掘り起こしができません。

どうしたらいいのか調べてみると
3つの対策がありました。

 

Google Analyticsの(not provided)の対策方法3つ

1. Google Analyticsだけで調べる
2. Googleウェブマスターツールと連携する。
3. Google Adwordsを使う。

 

1. Google Analyticsだけで調べる

not-provided-img3

メニュー「集客」→「キーワード」→「オーガニック検索」を選びます。
次に(not provided)をクリック。
セレクトメニューの「セカンダリディメンション」から
「行動」→「ランディングページ」を選びます。

すると、こんな感じで(not provided)内のページ一覧が表示されます。
ページを見て、どんなキーワードで訪問があるかはあるていど推測できますが、
はっきりとしたキーワードはわかりません。

 

2. Googleウェブマスターツールと連携する。

not-provided-img2

メニュー「集客」→「検索エンジン最適化」→「検索クエリ」を選びます。

事前にウェブマスターツールでサイトを登録している必要があります。
データを確認できる期間は90日以内なので、
一年まとめてみるというのができませんので要注意ですね。

>>ウェブマスターツールのデータに Google アナリティクスからアクセスする | Google

 

3. Google Adwordsを使う。

not-provided-img1

Google Adwordsにログイン後、「キャンペーン」→「キーワード」を選びます。
グラフの下にあるメニューから「詳細」→「検索語句」→「すべて」で表示されるようですが、
以下の記事を参考に設定したばかりなので僕のAdwordsでは表示されていません^^;

>>Google Analyticsのnot provided対策方法まとめ | 株式会社LIG

 

まとめ

個人的にはGoogleウェブマスターツールと連携する方法が使いやすかったかな。
十分ではないと思いますが、これで(not provided)の内容が確認できるようになりました。
今後は、Google AnalyticsだけでなくウェブマスターツールやGoogle Adwordsとも連携して、
キーワード情報を取得していこうと思います。

(not provided)の対策で参考にさせて頂きましたサイトです。
とても勉強になりました。ありがとうございました!

>>検索キーワードに表示されるnot providedとは?Googleアナリティクス
>>Googleアナリティクスで「(not provided)」が増えて困っています | 誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック | Web担当者Forum
>>Google Analyticsのnot provided対策方法まとめ | 株式会社LIG

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。
Akiyoshi Takashima

最新記事 by Akiyoshi Takashima (全て見る)