WEBサイト制作の依頼はこちら

小さな修理屋さん

じょーくん、引き出しからドライバーを取り出したので、思わず「危ないからダメ!」といったのですが、じょーくんは「イヤ!」と言って言うことを聞かず中々ドライバーを離しません。

離さないのなら…思いっきり使わせてあげたらいいやと考えを改めて「じょーくん、お仕事!お仕事!食器棚のドア修理してくれる?」とお願いしました。すると、じょーくんは、やる気満々でネジを閉めようとします。僕はじょーくんを時々サポートしながら、ネジを締めるのを手伝いました^ ^

食器棚が終わると、本棚、ソファー、三輪車と色んなものを直しました。修理が終わったら、「じょーくん、ありがとう。ドライバー返してください」というと…本人も満足したらしく、なんと、すんなりとドライバーを渡してくれました!

少し前にイヤイヤ期について記事を書きましたけど、ダメ!と子どもを抑制してしまうことが続くと、子どもも親もストレスになりますよね。もちろん、危ないことをしようとしたら、ダメという必要はあると思いますが、そうでなければ、子どもの行動を抑制するのではなくて、うまく行動を引き出してやることが良いのだなぁと実感しました。

それにしても…じょーくんドライバーをもつ格好が様になっているなぁ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です