• ホーム
  • どう伝わっていきたいのかを意図する。

どう伝わっていきたいのかを意図する。

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

WEB制作

コンテンツを作るうえで意識してるのが、この3つの疑問なんですね。「ファンって誰だろう?」「読者はどう思うだろう?」「どう伝わっていくのかな?」。……一方、ソーシャルな数字ばかりにとらわれることなく、ごく一部の人に「すごくいい記事だね」と褒めてもらえるようなコンテンツも大事です。「どういう人たちに、どう伝わっていくか」。これがコンテンツマーケティングを考える上で、コンテンツを作る上で、すごく意識しながら作っている。
via: コンテンツ=情報と体験の結合 メディアのキーマンらが語る“マーケティングとはなにか”

「どういう人たちに、どう伝わっていくか」って
ファンって誰だろう。読者はどう思うだろう。と考えるよりも、
なかなか想像しにくいところですが、
ここを想像するって集客にとって大切なことだと思います。

どう伝わっていきたいのかを意図して伝えること。
どう伝わったかを検証すること。

しっかり意識してコンテンツを作っていこうと思います。

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。