WEBサイト制作の依頼はこちら

サイトの常時SSL化に向けて

鍵穴のイラスト:HTTPS化 

ついに…Chrome、Firefoxのブラウザの最新版をつかった際に、
アドレスバーの所にこっそりと注意が出るようになりました。

写真:ファイヤーフォックスブラウザの最新版で「この接続は安全ではありません」とアドレスバーのところに注意がでている  写真:Googleクロームブラウザの最新版で「保護されていない通信」とアドレスバーのところに注意がでている

また、サーチコンソールからも警告が来るようになりました。

写真:Googleのサーチコンソールから「安全でない」という内容の通知文

これはパスワードやクレジットカードを入力するページが
SSL化されていないと警告されるようで、
会員サイトのログイン画面などが対象です。
お問い合わせフォームのページは、今のところ大丈夫ですが・・・

今年に入ってから
ブラウザの影響もありサイトのSSL化が進みそうですね。
最近では無料でSSLが導入できるレンタルサーバーもあり、
SSL化の敷居がグッと下がりました。

SSLには大きく分けて3種類の認証レベルがあります。
ドメイン認証、企業認証、EV認証と、
それぞれ値段は異なりますが、
暗号化の品質はどれも同じなので、
値段が低い、無料だからと言って品質が低いわけではありません。
一番安価なのはドメイン認証です。

このドメイン認証は、サーバが無料で提供していることもあり、
とても導入しやすくなりました。

SSLを導入することで、
利用者に安心感を与えることができると思うので
この機会にSSL化を進めていっても良いかもしれませんね。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です