WEBサイト制作の依頼はこちら

そのコンテンツに橋はあるか?

これからコンテンツマーケティングをはじめる方、もしくは、既に取り組んでいるが望んだ成果が出ていない方は、改めて、自社コンテンツの集客経路を考えてみてください。

それは、TwitterやInstagramのフォロワーかもしれませんし、検索エンジン、メールのハウスリスト、社会の文脈に乗り、メディアに記事として取り上げてもらうこと、インフルエンサーなどの第三者に紹介してもらうこと、自社のコンテンツを定期的に読んでくれるファンを作ることなどかもしれません。いずれにしても「無人島でお祭り」にならないよう、コンテンツに橋をかけることが重要です。

「無人島でお祭り」にしない。コンテンツに橋をかける重要性

どんなに優れたコンテンツや伝えたいことがあっても、ユーザーに見つけてもらえなければ意味がありませんよね。そのためには、できるだけ多くの橋をかける必要があります。集客経路は、オンラインだけでなく、オフラインも視野にいれて考えていきたいですね。橋は多い方がいい。考えられる施策は全て行う。

とりわけ人が集まっているTwitter、Instagram、Facebookは必須ともいえます。

そして、橋をかけたら今度は幅を広げるために、コミュニケーションも欠かせません。できることから少しずつ。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です