• ホーム
  • 伝わりやすいデザインってどんなデザイン?伝わりやすいデザインにするための基礎を知ろう。

伝わりやすいデザインってどんなデザイン?伝わりやすいデザインにするための基礎を知ろう。

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

WEB制作

伝わりやすいデザインってどんなデザインだろう。
伝えたい内容を伝わりやすくするための
デザインの要素について書き出してみました。

より伝わりやすくするためのデザインの要素

  • 情報の整理
  • グルーピング
  • 文字
  • 行間
  • 文字間
  • 目の動線
  • バランス(比率)
  • 余白
  • 配色
  • 濃淡
  • 装飾
  • 背景模様
  • 動き
  • 反復(規則性)
  • リズム
  • 質感
  • 立体感
  • 配置(レイアウト)
  • 写真
  • イラスト等…

ざっくりとこんな感じでしょうか。調べればもっと出てきそうですね。
伝わりやすい要素と書いていますが、実はこれらはデザインの基礎です。
これらデザインの基礎をしっかりとおさえておけば、より伝わりやすくなると考えています。

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。