• ホーム
  • やよいの青色申告で年度を間違えたまま入力していた時の対処法

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

ライフスタイル

やよいの青色申告で年度を間違えたまま入力していた時の対処手順

  1. [ファイル] → [エクスポート] を選択する
  2. 出力伝票は[仕分日記帳]、書式は[弥生インポート形式]を選択してファイルを書き出す
  3. 繰越処理前のデータをバックアップより復元する
  4. 仕訳データをメモ帳で開き年度を変更する
  5. [ファイル]→[インポート]を選択して仕訳データを取り込む

詳しくは後述していますので参考にしてくださいね。

経理には、やよいの青色申告を使っているのですが、バグなのか、アップデートでおかしくなったのか、それとも、二回連続で繰越処理をしていたのか、原因がわからないのですが・・・平成28年度の入力が全くなく、平成29年度に入力されている状態でした。(今まで全く気がつかなかった^^;)

バックアップファイルから復元しようも、平成29年度のものがバックアップされており平成28年度に戻せない状態でした。

色々調べるも・・・解決策が見つからず。
うわ〜!もう一度、1年分を入力し直さないといけないのか〜!
と絶望していた時、ふと、メニューに目をやると
「インポート&エクスポート」のメニューが!

あ!これはもしや!と思い、
平成29年度の仕訳日記帳を選択して12月分まで選択し
エクスポートで平成29年度の情報を書き出しました。
(弥生インポート形式を選びました。)

次は、28年度の繰越処理前のデータを復元しました。
(_繰越処理前と名前のついたバックアップファイルを使う。)

28年度の情報が入力されていない状態を確認して、
先ほど書き出した平成29年度の仕訳データを
インポートしようとしたのですが、エラーで読み込んでくれません。
(データがすでに入力されていると重複したりするので気をつけてください。)

エラーログをみると、
「会計期間外の仕訳です。」というログがあったので
平成29年度の仕訳データをメモ帳で開き、
H.29になっているところをH.28に置換しました。

すると、無事、平成28年度の仕訳日記帳に
平成29年度の仕訳データをインポートすることができました!

すったもんだしながら3時間ほど格闘末に、
無事、正常な状態にすることができました^^;
いやぁ〜よかったよかった。

やよいの青色申告で年度を間違えたまま入力していた時の対処手順

  1. [ファイル] → [エクスポート] を選択する
  2. 出力伝票は[仕分日記帳]、書式は[弥生インポート形式]を選択してファイルを書き出す
  3. 繰越処理前のデータをバックアップより復元する
  4. 仕訳データをメモ帳で開き年度を変更する
  5. [ファイル]→[インポート]を選択して仕訳データを取り込む

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。