WEBサイト制作の依頼はこちら

ツマグロヒョウモン蝶

いつものように自転車のカバーをとり、乗ろうとしたとき、子どものストライダーの後輪に何かがぶら下がっているのに気がついた。蝶々だ。しかも、羽化したばかりなのか動かない。僕はそうっと、ストライダーを動かして倒れないように壁に立てかけた。調べてみるとこの蝶々は、ツマグロヒョウモンチョウのメスらしい。羽の形、配色と模様が美しかった。時間があれば羽化の様子をじっくりとみていたかった。

それにしても…しばらく使っていないストライダーをよく見つけたものだ。サナギになると動けないから何かあったら終わってしまう。そんな危険を伴いながら成り行きに身を任せて、誰にも気づかれずに静かに羽化をする。そうして出てきた姿はなんともいえない美しさがある。いろんな困難に耐え、停滞の時期を乗り越えるから命が強くかがやく。だから、長い停滞期があってもあきらめてはいけない。そんなメッセージをもらった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。