• ホーム
  • イヤイヤ期には子どもの行動を引き出すような選択場面を増やすと良い!?

イヤイヤ期には子どもの行動を引き出すような選択場面を増やすと良い!?

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

ライフスタイル

「このパンツ履きなさい」ではなく「このパンツと、このパンツと、どっちがいい?」と選ばせてあげるのです。「イヤ」「イヤ」を連発するようになったら、できるだけ選択場面を多く設定し、自己決定させてあげるとよいです。…行動を抑制することは困難なのです。できるだけ行動を引き出すような言葉で子どもに話かけていきたいものです。
– 甲山福祉センター あいあいひろば「あいあいだよりvol13より」

じょーくん、イヤイヤ期でどうしたらいいか困っていましたが、行動を抑制するのではなくて、子どもの自己主張を受け止めて行動を引き出してあげるように選択場面を増やしてあげるようにといいんですね。

つい、「〜しなさい」「それはやっちゃダメ」とか、行動を抑制するような言葉を言ってました。反省です^^;

じょーくんは、自己主張が強くマイペースなので、以前にも増して「イヤイヤ」がすごいのですが・・・(笑

この方法、試してみます^^/

 

Twitter でウェブ屋のアキさんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Akiyoshi Takashima
ウェブサイトからの集客・反応率アップにつながる情報をお届けします。ウェブサイト制作やリニューアル、運営でのご相談はお問い合わせください。初心者の方でもわかりやすくご説明いたします。