• ホーム
  • どんなものでも欲しくなる可能性を秘めている

著者:Akiyoshi Takashima

公開日:

カテゴリー:

マーケティング

単なる空っぽの壺なんて誰も欲しくないんです。期待感という蜂蜜がこぼれ落ちた時に、怪しいから欲しいに変わるんです。

引用 – WordCampで話した「なぜ人は怪しい壺を欲しくなってしまうのか」の内容と補足説明 #wctokyo

この物を手にすることによって人生が豊かになるとか、この人と関わると楽しいとか、そういうイメージ(期待感)を持たせることができれば、どんなものでも欲しくなる可能性を秘めているって思うとワクワクしてきますね。

価値のないもの、役割のないものなんてないって思うと、いろんな角度からみて、どう伝えたら人をワクワクさせることができるのか、色々と工夫しないとなぁって思います。