WEBサイト制作の依頼はこちら

自分の本心を中心におく

随分前に、いいねメモを毎日書いていました。書かなくなってだいぶ経ちますが、先日復活しました。今回は「自分の本心」に照らし合わせた行動ができているかどうかを書くようにしました。

僕自身、「思いやる気持ち」というのが、人一倍強いのだと最近自覚しました。数理歴学的にみても「寛容」が中心にきているので納得です。この「思いやる気持ち」だけはピカイチなんです。だから、思いやる気持ちをカタチにするのを増やしていけば、きっと自分はしあわせなんだろうと思ったのです。

「思いやる気持ち」が自分を甘やかせる方に向くと良くない結果を招いてしまいます。そうなると、苦しい、楽しくない、モヤモヤしますし、怠けた自分を責めてしまいます。もっと自分を厳しくしなきゃと思うけど、できないから落ち込む。そういう悪循環にはまっていくのです。

もう、そういう悪循環には陥らないように、「思いやる気持ち」が良い方向にカタチとなって表れたときに褒めるようにしました。例えば、こんな感じ。

  • お菓子を我慢したで!(お、身体思いやなぁ)
  • 台所、洗面所、ピカピカや!(次に使う人のこと考えてんなぁ)
  • 掃除のおっちゃんに、ありがとうって伝えることができた。(優しいヤツなぁ)

こんなのをたくさん書いています。

「思いやる行動ができましたか?」の基準に照らし合わせて、できたら自分を褒める。自分で自分のご機嫌をとる。そしてなにより、自分の本心のままに行動ができると楽しい。思いやる気持ちをどんどんカタチにしていこう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です